更新がたまにうまく行きません。その際は、Shiftを押しながら、ブラウザの更新ボタンを押すと更新できます!

神々の唄が聞こえる(2)(宮崎空港行き搭乗、そして、目的地へ向けて移動)

さて、前回、福井駅→京都駅→伊丹空港→羽田空港→福岡空港、とたどったわけですが、ここからは、福岡空港より、宮崎空港行き搭乗したいと思います。

ミニマムコネクション(乗り継ぎにこれだけの時間を最低あけないといけないという決まり)は満たしていたものの、その時間ぎりぎりだった、福岡空港での宮崎空港行き搭乗時間ですが、なんとかセーフ。

やがて、右手側に宮崎空港の滑走路とかが見えてきまして(写真右半分が宮崎空港です)、

宮崎空港にタッチダウン!(着陸!)。なお、宮崎空港には、航空大学校宮崎校があるため、宮崎空港に、航空大学校の格納庫もあります。航空大学校は将来のパイロットを育てている、国の大学校です。格納庫、ちょうど右の翼にかかったくらいのところに見ることが出来ます。


で、宮崎空港でも時間ギリギリ。飛行機を降りて、目の前の宮崎空港駅まで行くのですが、けっこうここでの乗り換えの時間もシビアでしたが、飛行機が早めに到着したため、無事電車に乗り継げました。

特急にちりん22号に乗車しました。なお、総合旅行業務取扱管理者資格の試験問題でたまに出るのですが、宮崎駅〜宮崎空港駅間は、この特急であっても、普通車自由席であれば、乗車券のみで(つまりは、特急券なしで)乗車できる特例があります。なので、青春18切符などの、普通列車にしか乗れない乗車券でも、乗ることが出来ます。

私は念のために、指定席を取っていたので、指定席車両で目的地(延岡)まで向かいましたけどね。

そして、延岡駅で下車しました。延岡駅には、スターバックスとCCC(TSUTAYA)とが入っている、複合型店舗があり、コーヒーを飲みながら本を読みながら電車とかバスを待てるようになっていました。

延岡駅ではバスに乗り換えなのですが、しばらく時間があったので、うろうろしていました。

やがて、目的地へと行くバスが入ってきました。そう、今回の旅の目的地は、神々の唄が聞こえる、天孫降臨の地、いろんな神社や伝説や、神楽も楽しめる、高千穂となります。

バスに揺られること1時間ほど、高千穂へと到着しました。

高千穂での夜神楽やらのことは、また後日。それでは!

最新情報をチェックしよう!