更新がたまにうまく行きません。その際は、Shiftを押しながら、ブラウザの更新ボタンを押すと更新できます!

夢が叶った(2)JAL上級会員:JGC加入

さて、先日、JAL(日本航空)の上級会員である、JALグローバルクラブ(通称:JGC)に加入する夢が叶ったお話しをアップしましたが、では、JALグローバルクラブの会員になると、どのような特典があるのか、簡単に見ていきたいと思います。

まずは、一般の方でもイメージできるものから。JALグローバルクラブに加入すると、JALグループの飛行機に搭乗する際に、ラウンジが利用できるようになります。
一般的なゴールドカードラウンジ(ビジネスラウンジ)は、保安検査場(セキュリティチェック)通過前にありますので(例外:羽田空港とか、福岡空港とか)、保安検査場の混雑具合を気にしながら利用しないといけないのですが、航空会社のラウンジ(JALなら、サクララウンジや、ダイヤモンド・プレミアラウンジ)なら、保安検査場通過後にありますので、時間をさほど気にしなくても大丈夫!
また、ラウンジにもよりますが、簡単な食事が提供されていたりすることもあったりします。
(写真は小松空港のサクララウンジです。)


また、JGC会員になると、普通ですと上級会員(暦年ごとに搭乗回数や距離を重ねてなる会員)は1年〜2年限りですが、JGC会員は、一度会員になると、クレジットカードを所持し続ける限り、搭乗回数や距離が減ってしまっても、上級会員としての特典が受けられるというメリットがあります。

クレジットカードの年会費は1万円以上するので、決して安くはないのですが、飛行機に定期的に搭乗するようであればメリットは続きますしね。


そして、JGC会員になると、マイルが通常よりも多く貯まったりします。マイルを飛行機で貯めている方にとっては大切な要素なのではないでしょうか。


で、これはケースバイケースなのですが、JGC会員は、飛行機の予約の際、座席指定で、空席として見えている座席が増えることがあります。これは、上級会員向けに事前に押さえてある席が使えるようになるのと、飛行機のバランス調整のために取ってある席の一部が開放される為だったりします。


そして、飛行機に乗ったことがある方なら、見かけたことがあるかも知れませんが、飛行機の「優先搭乗」と言いまして、一般の乗客の方に先駆けまして、上級会員が搭乗する時間が設けられています。なので、少しお先に搭乗して、ゆっくり荷物を収納して、座席に座ることが出来ます。
なお、順番としては、「事前改札」(お手伝いの必要な方、妊婦さんなど)→「優先搭乗1」(上級会員のうち、さらに搭乗の多い方)→「優先搭乗2」(JGCはこちらに含まれます。またその他の上級会員も)→「一般」(窓側・後方など区切って搭乗)となります。


預け入れ手荷物の優遇・優先返却として、預け入れ手荷物の重さや量が増やせます。また、プライオリティのタグが付けられ、優先的に(早く)返却されます。


あとは、優先キャンセル待ちとして、キャンセル待ちのカテゴリーが上がりますので、空席待ちで、飛行機に搭乗できる、または座席のグレードをアップグレードできる確率がぐんとアップします。


さらに、ノベルティとして、オリジナルネームタグがもらえたり、毎年カレンダーがもらえたりします。

こちらの写真は、国際線機材B777-200が国内線で飛んだときに、クラスJでビジネスクラスの座席が開放されましたので搭乗したものです。JGCになると、こういう特別な座席も予約しやすくなります。

その他にも、いろいろ特典があるのが、JGCというサービスなのです。

最新情報をチェックしよう!